当サイトはプロモーションが含まれています

かるパックスティックPKV-BK50LとPKV-BK3Kの違い8つを比較!新旧モデルおすすめはどっち?

家電

日立のかるパックスティックPKV-BK3KPKV-BK50Lの違いを比較調査しましたのでお伝えしていきます。

かるパックスティック「PKV-BK50L」は2023年12月発売「PKV-BK3K」は2022年12月に発売されました。

紙パック式のコードレス掃除機で旧モデルから人気が高いモデルです。

2023年に発売されたばかりの新型モデルPKV-BK50Lと旧型のPKV-BK3Kを比較して徹底解説します♪

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの違いを比較したところ、以下の8つでした。

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの主な違い
  1. 充電スタンドの違い
  2. ゴミくっきりライトの数の違い
  3. 紙パック容量の違い
  4. 連続使用時間の違い
  5. 充電池の違い
  6. 付属品充実度の違い
  7. 本体カラー・重さ・サイズの違い
  8. 価格の違い

▼2023年発売新モデル「PKV-BK50L」

▼2022年発売「PKV-BK3K」

8つの違いを詳しく比較解説していきます♪

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの違いを比較

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの違いは以下の8つです。

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの違い
  1. スタンド式充電の有無
  2. ゴミくっきりライトの数
  3. 紙パックの容量
  4. 連続使用時間と運転モード
  5. 充電池(一体型→カセット式)
  6. 付属品充実度
  7. 本体カラー・重さ・大きさ
  8. 価格

新型モデルPKV-BK50Lは多くの点がPKV-BK3Kに比べ大幅に進化しています。

新型モデルPKV-BK50Lの進化したポイントを中心にそれぞれの違いを詳しくご紹介しますね。

違い①PKV-BK50Lは充電がスタンド式になった

PKV-BK50LとPKV-BK3Kのスタンドの違いを紹介します。

かるパックスティックPKV-BK50LとPKV-BK3Kのスタンドの違いを比較する写真
PKV-BK50LとPKV-BK3Kのスタンドの違い

旧モデルのPKV-BK3Kでは「充電をスタンド式にして欲しかった」との声が多く上がっていました。

旧型PKV-BK3Kは「スティックスタンド」が付属されていましたが、本体にコードを差して充電するタイプでした。

多くの声を受けてか、新モデルPKV-BK50Lはスタンドで充電ができるようになりました!

新型PKV-BK50Lは機能面で細かい部分がたくさん進化しているのですが、最新モデルは価格が高いのがネックですよね。

違い②PKV-BK50Lはゴミくっきりライトが7灯に増えた

PKV-BK50LとPKV-BK3Kのゴミくっきりライトの違いを紹介します。

かるパックスティックPKV-BK50LとPKV-BK3Kのごみくっきりライトの違いを比較する写真
引用:HITACHI公式

ゴミくっきりライトは旧モデルでも口コミで「ゴミが見えやすい」と好評でした。

ゴミくっきりライトの数がPKV-BK3Kは5個だったのに対し新型モデルPKV-BK3Kは7個に増えました!

ごみくっきりライトは横並びに7つ設置されているので、旧モデルに比べ照らす範囲が増えました

ヘッド部分のその他の違いは「パワフルスマートヘッドlight」から新型モデルでは「パワフルスマートヘッド」へ進化しました。

PKV-BK50L(2023年モデル)PKV-BK3K(2022年モデル)
ごみくっきりライトの違い7灯5灯
ヘッドの違いパワフルスマートヘッドパワフルスマートヘッド light
PKV-BK50LとPKV-BK3Kのヘッドの違い

違い③紙パック容量が0.4から0.6に増えた

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの紙パックの容量の違いを紹介します。

紙パック容量交換目安
PKV-BK3K(2022年モデル)0.4L2ヶ月に1回
PKV-BK50L(2023年モデル)0.6L4ヶ月に1回
PKV-BK50LPKV-BK3Kの紙パック容量の違い

紙パックの容量が0.4から0.6になり新モデルでは大幅に増加しました。

紙パックの交換が2ヶ月に1回(目安)だったのが4ヶ月に1回(目安)になったのは大きいのではないでしょうか

紙パック式はサイクロン式と違い、ダストボックスをお掃除する必要がないのでお手入れがラクなのがメリットですよね。

「紙パックするりん構造で」ゴミをこぼさず触れずに捨てることができるのはPKV-BK50LとPKV-BK3Kに共通しています。


違い④PKV-BK50Lの連続使用時間が伸び、自動運転モードが新搭載

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの連続使用時間と、自動運転モードの違いをお伝えします。

かるパックスティックPKV-BK50LとPKV-BK3Kの運転モードを比較する写真
PKV-BK50LとPKV-BK3Kの運転モードの違い

PKV-BK50Lは

「強」:約8分、

「自動」:約8~40分、

「標準」:約40分(約60分)

となっており、PKV-BK3Kの「標準」で比較すると約30分(約45分)よりも長い連続使用が可能になりました。

そして今回、2023年発売のPKV-BK50Lは、床の種類や操作に応じて吸引力を自動調整してくれる「自動」運転モードが新搭載されました!

製品名
(発売)
かるパックスティック
PKV-BK50L
(2023年発売)
かるパックスティック
PKV-BK3K
(2022年発売)
連続使用時間「強」:約8分「強」:約8分
「自動」:約8~40分(約45分) 
「標準」:約40分(約60分)「標準」:約30分(約45分)
パワフル スマートヘッド
非使用時
パワフル スマートヘッド
light 非使用時
PKV-BK50LとPKV-BK3Kの連続使用時間の違い


違い⑤PKV-BK50Lは充電池が一体型からカセット式に進化

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの充電池の違いについてお伝えします。

かるパックスティックPKV-BK50LとPKV-BK3Kの違いを比較
PKV-BK50LとPKV-BK3Kの電池の違い

PKV-BK3K:内蔵型リチウムイオン電池
PKV-BK50L:カセット式リチウムイオン電池

かるパックの電池は旧モデルPKV-BK3Kが内蔵式のリチウムイオン電池だったのに対し、新モデルPKV-BK50Lではカセット式リチウムイオン電池に進化しました。

外付けの電池になったことで、バッテリーが劣化しても電池だけを購入して交換することが可能になりました。

また、連続して長時間お掃除したい場合、予備の電池ががもう1つあると、充電がなくなった時にすぐに交換してお掃除を続けることができるというメリットもあります。

PKV-BK50Lは予備の充電池(別売り:PV-BEH900-009)と交換が可能です。

違い⑥PKV-BK50Lは付属品が充実した

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの付属品の違いの比較をご紹介します。

かるパックスティックPKV-BK50LとPKV-BK3Kの付属品の違いを比較
PKV-BK50LとPKV-BK3Kの付属品の違い

PKV-BK50Lはほうきブラシと伸縮すき間用吸口の付属品が増え、お掃除の幅が広がりました。

PKV-BK50LPKV-BK3K
付属品ハンディブラシ
伸縮すき間用吸口
布用ブラッシングヘッド
ほうきブラシ
延長パイプ

スタンド式充電台
ACアダプター
パックフィルター 
GP-S120FS 1枚
ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
延長パイプ
スティックスタンド
ACアダプター
パックフィルター 
GP-S120FS 1枚 
PKV-BK50LとPKV-BK3Kの付属品の違いを比較

▼機能面で大幅進化した2023年発売新モデル「PKV-BK50L」

▼こちらも人気!コスパの良い2022年モデル「PKV-BK3K」

違い⑦本体カラー・重さ・大きさが変わった

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの本体カラー/重さ/大きさの違いをお伝えします。

かるパックスティックPKV-BK50LとPKV-BK3Kの本体カラーと重さを比較する写真
PKV-BK50LとPKV-BK3Kの本体カラー/重さ/の違い

PKV-BK3KPKV-BK50L
本体カラーライトラベンダーライトラベンダー
重さ1.1kg1.4kg
サイズ幅230×奥205×高1082mm幅230×奥225×高1102mm

  • 本体カラーの違い
    どちらも「ブラック×ラベンダー」のカラー配色ですが、PKV-BK3Kはブラックがメインカラーで上部の一部分がラベンダーなのに対し、最新モデルのPKV-BK50Lはラベンダー色部分がヘッドの方まで伸び、ブラックの印象が薄くなりました。
  • 重さの違い
    最新モデルのPKV-BK50Lの方が0.3グラム重くなりました。
  • サイズの違い
    最新モデルPKV-BK50Lは奥行と高さがほんの少し大きくなりました。

重さとサイズは意外にも旧モデルのPKV-BK3Kの方が若干コンパクトですね。

違い⑧価格が約2倍違う

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの価格の違い

2024年1月10日現在のPKV-BK50LとPKV-BK3Kの価格は以下です。

PKV-BK50L
(新モデル)
PKV-BK3K
(旧モデル)
Amazon39,000円
楽天77,069円35,370円
Yahoo!ショッピング77,484円39,980円
2024年1月10日現在のPKV-BK50LとPKV-BK3Kの価格

価格は変動しますので最新価格についてはそのつどチェックしてみてくださいね。

▼2023年発売新モデル「PKV-BK50L」

▼2022年発売「PKV-BK3K」

PKV-BK50LとPKV-BK3Kどっちがオススメ?

日立のかるパックスティック「PKV-BK50L」と「PKV-BK3K」はどちらがどのような方にオススメなのかまとめました。

PKV-BK50Lがオススメな人

PKV-BK50Lはこんな方にオススメです。

PKV-BK50Lがオススメの人

  • 充電式スタンドを使用したい方
  • 進化した最新モデルでお掃除したい方
  • ゴミ捨てが「2ヶ月に1回」より、「4ヶ月に1回」の方が惹かれる方
  • 買い替え・交換可能なカセット式バッテリーの方が良い方
  • 布団やソファにもかるパックを使用したい方

こここまでお伝えしてきた通り、新モデルPKV-BK50LはPKV-BK3Kに比べ多くの点で進化しています。

価格以外の性能や使い勝手という点ではPKV-BK50Lの方が圧倒的にオススメです。

▼2023年発売新モデル「PKV-BK50L」

PKV-BK3Kがオススメな人

PKV-BK3Kはこんな方にオススメです。

PKV-BK3Kがオススメの人

  • 安く購入したい方
  • より軽量タイプが欲しい方

PKV-BK3KがPKV-BK50Lに勝っている点としては、価格がPKV-BK50Lに比べて大幅に安いということと、0.3g 軽いというところでしょうか。

また、PKV-BK3KはPKV-BK50Lと比較してしまうと、機能面では劣りますが、購入して良かったという口コミや感想が既にたくさんあり、人気のモデルです。

▼コスパ良し!2022年発売「PKV-BK3K」

結論としては

価格重視の方は「PKV-BK3K」、お値段より機能という方は「PKV-BK50L」

を選ぶと良いですね♪

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの比較表

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの比較表を紹介します。

項目PKV-BK3K
2022年モデル
PKV-BK50L
2023年モデル 
発売日2022年12月2023年12月
本体カラー
PKV-BK3Kの本体カラーの写真
PKV-BK50Lの本体カラーの写真
ヘッドパワフルスマートヘッドlightパワフルスマートヘッド
ごみくっきりライト5灯7灯
モーター小型・軽量ファンモータージェット3Dファンモーター
集じん容量0.4L0.6L
充電池内蔵型カセット式
充電時間約2時間約2時間
使用時間強:約8分
標準:約30分
強:約8分
自動:約8~40分
標準:約40分
付属品ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
延長パイプ
スティックスタンド
ACアダプター
パックフィルター1枚
ハンディブラシ
伸縮すき間用吸口
布用ブラッシングヘッド
ほうきブラシ

延長パイプ
スタンド式充電台
ACアダプター
パックフィルター1枚
サイズスティック:
幅230×奥205×高1082mm
スタンドセット:
幅280×奥249×高1108mm
スティック:
幅230×奥225×高1102mm
充電台セット:
幅297×奥277×高1170mm
重量1.1kg1.4kg
価格約35,000円約77,000円
PKV-BK50LとPKV-BK3Kの違いの比較表

表から分かるように、2023年新型モデルPKV-BK50Lは旧モデルPKV-BK3Kに比べて、紙パック式のコードレス掃除機として大幅にパワーアップしました。

また、最新モデルPKV-BK50Lは充電池がカセット式になり、付属品も増えています。

個人的には、新モデルは充電がスタンド式になっていることが魅力です♪

▼2023年発売新モデル「PKV-BK50L」

▼2022年発売「PKV-BK3K」

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの共通の機能や特徴

ここからはPKV-BK50LとPKV-BK3Kの共通の機能や特徴についてお話ししますね♪

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの共通の機能や特徴
  • 紙パック式のかんたんお手入れ
  • 水洗いできる「からまんブラシ」
  • ごみくっきりライトで見やすいホコリやごみ
  • 複数の付属品

1つずつ詳しく見ていきますね。

紙パック式のかんたんお手入れ


ゴミを紙パックいっぱいまでためることができ、吸い取ったゴミを強い吸引力で圧縮します。

「紙パックするりん構造」で紙パックがいっぱいにに膨らんだ状態でも、フィルター枠がスライドし、手を汚さず簡単に取り変えることができます。

水洗いできる「からまんブラシ」


髪の毛などがからまりにくい「からまんブラシ」でスッキリ吸引します。

水洗いできる点も新旧共通の特徴で、お手入れもラクです。

ごみくっきりライトで見やすいホコリやごみ


緑の「ごみくっきりライト」を「ヘッド」に搭載。

もっとも明るく感じる波長に近い、グリーンのLEDライト搭載で、見えにくい端のごみも浮かび上がらせ、残さずゴミを吸い取れます。

新モデルではライトが7つに増えました。

複数の付属品


新モデルでは付属品が増えています。

それにより手の届きにくい場所やお掃除しずらい場所などが使いやすくなりました。

かるパックスティックPKV-BK50LとPKV-BK3Kの違い8つのまとめ

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの違い8つのまとめです。

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの違い
  1. スタンド式充電の有無
  2. ゴミくっきりライトの数
  3. 紙パックの容量
  4. 連続使用時間と運転モード
  5. 充電池(一体型→カセット式)
  6. 付属品充実度
  7. 本体カラー・重さ・大きさ
  8. 価格

正直、新型モデルPKV-BK50Lは非常に多くの点がPKV-BK3Kに比べ進化しているので細かい部分を挙げると8つ以上あるのですが、個人的に気になる主な違いを絞ってご紹介しました。

最新モデルは発売されたばかりですが、その次の新モデルの進化もどのような変化があるのか楽しみですね!

コメント

テキストのコピーはできません。