当サイトはプロモーションが含まれています

HV-S55とHV-R55の違いを比較!シャーププラズマクラスター加湿器の新旧違いは見た目と価格のみ?

家電

シャープのプラズマクラスター加湿器「HV-S55」と「HV-R55」の違いを比較したので紹介します♪

「HV-S55」と「HV-R55」は、基本的に同じ仕様や機能を持つモデルですが、大きく異なる点はカラーバリエーションと価格の2点です。

「HV-R55」は、2022年に発売されたモデルで、ホワイト系の「プレミアムホワイト」とブルー系の「モイストブルー」の2色があります。

「HV-S55」は、2023年に発売されたモデルで、ホワイト系の「プレミアムホワイト」とブラウン系の「チャコールブラウン」の2色があります。

また、価格については、「HV-S55」の方が新しいモデルなので、現在は「HV-R55」よりも高めです。

2023年9月発売、新モデル「HV-S55」のカラーはホワイトとブラウンの2色
2023年モデルのホワイト

2023年モデルのチャコールブラウン

2022年9月発売、旧モデル「HV-R55」のカラーはホワイトとモイストブルーの2色
2022年モデルのホワイト

↓2022年モデルのモイストブルー

HV-S55とHV-R55の違いを比較

シャープのプラズマクラスター加湿器「HV-S55」と「HV-R55」の違いを比較してご紹介します。

「HV-S55」と「HV-R55」は、基本的に同じ仕様や機能を持つモデルです。

大きく違う点はカラーバリエーションが異なる所です。

それ以外にも

  • 発売年の違い
  • 本体カラーの違い
  • 吹き出し口カラーの違い
  • 価格の違い

などがあります。

「HV-S55」と「HV-R55」の違いを以下の表にまとめました

HV-S55(新モデル)HV-R55(旧モデル)
発売年の違い2023年9月発売2022年9月発売
本体カラーの違い
・プレミアムホワイト
HV-S55プレミアムホワイトの画像
・チャコールブラウン
HV-S55チャコールブラウンの画像
・プレミアムホワイト
HV-R55.ホワイトの写真
・モイストブルー
HV-R55.モイストブルーの写真
吹き出し口カラーの違い本体色と同じ
HV-S55の吹き出し口の写真
透明
HV-R55の吹き出し口の写真
本体前面「SHARP」ロゴの有無なしあり
価格の違い2万円代前半
(2023/11月楽天価格)
1万円代半ば
(2023/11月楽天価格)
「HV-S55」と「HV-R55」の違いを比較

「HV-S55」と「HV-R55」は、基本的に同じ仕様や機能を持つモデルです。

大きく違う点はカラーバリエーションが異なる所です。

旧型はホワイトとモイストブルーの2色だったのに対し、新型はホワイトとブラウンになりました。

ブラウンは重厚で高級感がありますね。

↓チャコールブラウンのカラーは2023年モデルのみ♪

本体カラーの違い

「HV-S55」と「HV-R55」の見た目で大きく違う部分は本体カラーです。

HV-S55とHV-R55の違いを比較する写真
HV-S55とHV-R55のカラーの違い 参照:SHARP公式

「HV-S55」は、2023年に発売された新モデルで、カラーは「プレミアムホワイト」とブラウン系の「チャコールブラウン」の2色展開になっています。

まーこ
まーこ

チャコールブラウンは、2023年に新色として登場したカラーで、落ち着いた高級感が感じられるカラーですね

「HV-R55」は、2022年に発売されたモデルで、「プレミアムホワイト」とブルー系の「モイストブルー」の2色があります。

吹き出し口カラーの違い

「HV-S55」と「HV-R55」は吹き出し口の色が違います。

HV-S55とHV-R55の吹き出し口の違いの写真
HV-S55とHV-R55の吹き出し口の違い 参照:SHARP公式

旧モデルの「HV-R55」は吹き出し口の色が透明なのに対し、新モデル「HV-S55」は吹き出し口の色が本体カラーと同じ色になりました。

本体カラーと同じ色になることでデザインの統一感がでますね。

吹き出し口横の操作パネルの色も新型と旧型でわずかに違いますね。

新モデルの方がデザイン全体的に馴染む配色になっています。

本体『SHARP』ロゴの位置の違い

シャーププラズマ加湿器本体正面にある「SHARP」ロゴの有無の違い

HV-S55とHV-R55の見た目の違いを比較する写真
参照:SHARP公式

旧モデル(写真右)は本体正面の下部に「SHARP」のブランドロゴがありましたが、新モデル(写真左)はなくなりました。

見た目がスッキリしましたね。

新モデルは全体的に見た目がシンプルになり、垢ぬけた印象です。

より洗練されたデザインが欲しい方は新モデルがおすすめです。

価格の違い

楽天での最安値価格をみてみると、2023年11月26日現在、新型「HV-S55」は23,674円、旧型「HV-R55」は15,800円程度です。(送料込み価格)

旧モデルの方が8000円程安くなっていますね。

>>>楽天で旧モデル「HV-R55」の現在の価格を見てみる

>>>Amazonで旧モデル「HV-R55」の現在の価格をみてみる

昨年発売の旧型も発売当初は30,000円代でしたが、徐々に下がっていきました。

新型も少しずつ価格は下がっていくと予想できますが、現時点では旧モデルの方がお得感があります。

↓新型「HV-S55」を見てみる

↓旧型「HV-R55」を見てみる

HV-S55とHV-R55どっちがおすすめ?

HV-S55とHV-R55を比較して各製品がおすすめの人をまとめましたので順番に見ていきます。

HV-S55がおすすめの人

2023年新モデル「HV-S55」がおすすめの人は

  • チャコールブラウンの本体が欲しい人
  • 新型が欲しい人

HV-S55は旧型HV-R55と比べて機能面ではほぼ同じなので、見た目の違いが主な違いになります。

高級感あるチャコールブラウンは2023年モデルにしかないので、このカラーが欲しい方は必然的に「HV-S55」を購入することになります。

また、新型の方がデザインがよりシンプルに洗練されているので見た目に拘りたい人にもおすすめです。

↓チャコールブラウンは新モデルのみ

HV-R55がおすすめの人

2022年旧モデル「HV-R55」がおすすめの人は

  • 新型、旧型にこだわらない人
  • モイストブルーのカラーが欲しい人
  • 機能が同じなら見た目のわずかな違いより価格が安い方がいい人

2023年新モデルと2022年旧モデルはカラーバリエーションとデザインのわずかな差の違いのみで、機能面は同じなので、価格面では旧モデルHV-R55がお得感があります。

また、モイストブルーは旧モデルのみになるのでそちらが欲しい方は必然的に旧モデルになります。

↓モイストブルーは旧モデルのみ

HV-S55とHV-R55の共通の機能や特徴

HV-S55とHV-R55の共通の機能や特徴を紹介します。

新モデル「HV-S55」は旧モデル「HV-R55」の良い部分を引き継いでいます。

どちらにも共通する主な特徴を紹介します。

共通の機能①プラズマクラスター7000

HV-S55とHV-R55には、「プラズマクラスター7000」が搭載されています。


HV-S55とHV-R55は、「プラズマクラスター7000」が搭載されていて、常に清潔に加湿してくれます!

プラズマクラスターは、シャープが独自に開発した空気清浄です。

空気中に漂うカビ菌やウイルス、アレルギー物質を抑えます。

また、プラズマクラスターは消臭効果もあります♪

共通の機能②どっちも給水

HV-S55とHV-R55の水トレーは、本体にセットした状態で上から直接水を給水できます。

また、トレーを取り外して給水することも可能。

毎回給水の時にタンクを取り出して、また重たいタンクをセットする…という作業が必要ありません。

タンクの容量はたっぷり4Lあります。

タンクは半透明になっているので水の残量が見えてわかりやすいですね。

共通の機能③節電エコモード

エコモードで最大約85%の節電が可能


目安ですが、通常の「強」での運転時は電気代が47円の場合、エコモード運転だと6円程になります。

エコモード運転だと85%も削減できます。

共通の機能④お手入れ簡単設計

HV-S55とHV-R55の本体は、お手入れが簡単にで来ます。


パーツを外すとタオルを本体の中に通して拭くことができます。

それ以外にも専用ボタンを押すことで、加湿フィルターを自動で温風乾燥できます。

シーズンオフには、清潔な状態で保管することができます。

 HV-S55とHV-R55のスペック比較表

 HV-S55とHV-R55のスペック比較表です。

比較して異なる部分が赤文字になっています。

カラー以外は全て同じですね。

発売年月2023年9月2022年9月
型番HV-S55HV-R55
カラープレミアムホワイト
チャコールブラウン
プレミアムホワイト
モイストブルー
加湿の適用床面積
(目安)
木造和室9畳(15m²)9畳(15m²)
プレハブ洋室15畳(25m²)15畳(25m²)
プラズマクラスター適用床面積(目安)プラズマクラスター
7000約9畳
(約15m²)
プラズマクラスター
7000約9畳
(約15m²)
消費電力190W190W
静音12W12W
エコ(強)24W24W
1時間あたりの電気代
(50/60Hz)
約5.9円約5.9円
静音約0.37円約0.37円
エコ(強)約0.74円約0.74円
加湿量550mL/h550mL/h
静音200mL/h200mL/h
連続加湿時間約7.2h約7.2h
静音約19h約19h
タンク容量約4.0L約4.0L
HV-S55とHV-R55のスペック比較

HV-S55とHV-R55違いの比較まとめ

シャープのプラズマクラスター加湿器「HV-S55」と「HV-R55」の違いを比較しました。

「HV-S55」と「HV-R55」の主な違いは

  • カラーバリエーション
  • 吹き出し口の色の違い
  • 本体正面下部分にある「SHARP」ロゴの有無
  • 価格

となります。

外観と価格以外の機能、スペック面では全て同じでした。

↓よりシンプルで洗練されたデザインの2023年新モデル「HV-S55」ホワイト&チャコールブラウンはこちら

価格の安い旧モデル「HV-R55」
↓カラーはホワイト&モイストブルー
はこちら

コメント

テキストのコピーはできません。