当サイトはプロモーションが含まれています

イマーシブミュージアム大阪の口コミ評判の信憑性は?評判通りなのか実際に行って検証してみたら分かったこと9選

イマーシブミュージアム大阪口コミ評判 おでかけ

イマーシブミュージアムの没入型体験コンテンツが話題

2023年6月17日~9月6日までイマーシブミュージアム大阪(Immersive Museum OSAKA)が「堂島リバーフォーラム」で開催され、話題になっています。

今話題の没入型の体験コンテンツとのことで、名画を見るだけでなく体感する、というのがどんな感覚なのか非常に気になりますよね。

名画の中に入り込むような感覚だった、という口コミや、映像や音楽に迫力があった、という感想があがっていますね。

鮮やかな色彩と居心地の良さに癒される人も多いようです

音楽と共に最新のCG映像で名画が次々展開されていくので飽きることなく見続けることができるようです。

東京、福岡、大阪、と開催されていて東京では既に第2段が始まっていて話題になっています。

「良かった」という口コミ・評判の信ぴょう性を調査してみた

  • イマーシブミュージアムに行って「良かった」というSNSでの口コミ・評判を調査してみました。

平日はやはりゆっくり見れるようですね!

前方で見ると特に深い没入感が感じられるとのこと。

後方だと全体が俯瞰できるようなのでまた違う楽しみ方ができそうですね。

入れ替え制ではないので色んな場所で何度でも見れるということでしょうか

福岡会場の感想ですがイマーシブミュージアムの内容は同じです。

モネの睡蓮は小さい画像でも既に綺麗に見えますね。

座る場所によって全然見え方が違うようなので、実際に行ってみてチェックしたいと思います。

ずっとボーっと見ていたくなる、という感想も多いですね!

映像に入っていく体験、気になります。

大阪は既に毎日かなり暑いので会場内が涼しいのはありがたいですね。

デザインしたり物を作る人は五感を刺激される時間が大切ですよね。

美しいものはバランスが取れていて凄いなって思います。

せっかく行くなら没入感をしっかり感じたいですよね。

混雑していても心を静かにして映像に集中する事が楽しむ秘訣でしょうか。

上記は東京会場の感想ですが、絵画の知識があまりなく、会場での絵画の説明もなかったけど面白さを感じられた、という感想が上がっていますね。

実際に行った人の評判を見てると、没入を実際に感じられた癒される、という感想が多かったです!

イマーシブミュージアム大阪の口コミ評判
  • 入れ替え制じゃないからゆっくり見れた
  • 前方の方は特に没入感を感じた
  • 後方だと全体を俯瞰できる
  • 映像の中に入っていく感覚になる
  • 絵が動いて迫ってくる体験ができる
  • モネの睡蓮が特に良かった
  • 座る場所によって見え方が全然違う
  • 平日は色んな場所からゆっくり見れた
  • 冷房が効いていて寒かった
  • 絵画が迫ってくるのは酔いそうなくらい迫力だった
  • 映像が美しく癒される空間だった
  • 神秘的な感覚がした

「イマイチだった」というネガティブな口コミ・評判の内容と信ぴょう性を調査してみた

  • イマーシブミュージアムが「イマイチだった」というネガティブな口コミ・評判があるのか調査してみました

入れ替え制ではないからゆっくりできた、という口コミもあれば、入れ替え制ではないから混雑していた、という口コミとありますね。

床に座って見るのがしんどい、という意見もチラホラ見かけました。

集中できる環境でないと没入感を感じるのは難しいのかもしれません。

時間は30分程のようですね。

体験型だったら30分はあっという間に過ぎるのかもしれません

没入系のイベントは混雑していて集中できなかった、という口コミもよく見かけるのでそのあたりも気になる所ですね

イマーシブミュージアム大阪のイマイチな口コミ評判
  • 入れ替え制ではないので人が多く狭かった
  • クッションがあっても床に直接座るのはつらかった
  • 没入感は感じられなかった
  • 時間が短かった
  • 入場料2500円は高いと思った

イマーシブミュージアム大阪に実際に行って口コミ評判の信ぴょう性を調査してみた

イマーシブミュージアムの口コミ・評判の信ぴょう性を確かめるべく、実際に行って調査してきました!

大阪では2023年6月17日~9月6日まで「堂島リバーフォーラム」で開催されています。

2023年7月14日(金)16時~のチケットを購入し、イマーシブミュージアム(Immersive Museum OSAKA)に実際に行ってきました

絵画を体感するのはどんな感覚なのか実際に体験してみたかったので楽しみです

堂島リバーフォーラム入口

堂島リバーフォーラムの入口は堂島川沿いにあります。 自分のペースで体験したかったので今回は一人で行ってきました。

SNSの口コミや評判の信ぴょう性を実際に行って確認してきたので、わかったことを順番に紹介していきます。

イマーシブミュージアム実際に行ってわかったこと8選
  1. 「入れ替え制ではない」は本当?
  2. 「解説はなかった」は本当?
  3. 印象派以外の作品はある?
  4. 写真や動画はどこまで撮れる?
  5. 「座る場所によって没入感が違う」のは本当?
  6. 「床に座るのはしんどい」は本当?
  7. 「所要時間が短い」というのは本当?
  8. グッズショップ平日の混雑はある?
  9. 「大阪会場限定没入ドリンク」はリラックスできる?

検証口コミ①「入れ替え制ではない」は本当?

1.イマーシブミュージアム大阪は入れ替え制ではない?

イマーシブミュージアムのチケットは日時指定制だけど、入れ替え制ではありませんでした。

会場には30分ほど前に着きましたが予約時間より早くても入場はできました。

傘は持ち込み禁止なので、会場の入り口前の傘立てに預けるようになっています。

入り口前に傘立てがある

平日16時前という時間の為か混雑や行列は一切なく、人がポツポツとやって来る感じでした。

イマーシブミュージアムの会場入り口で事前に購入したチケットを見せて、受付でパンフレットと試供品をもらい、中に入ります。

パンフレットと試供品

イマーシブミュージアムの当日券は、事前予約の日時指定チケットが売り切れていない場合販売されます。

行った日の混雑具合を見ると平日は当日券でも大丈夫そうでした。

入口入ってすぐ右手にある撮影スポット

入るとすぐ右手に撮影スポットがあります。

上映エリアに入ってしまうとお手洗いに行けないので先に行っておくように受付で案内があります。

お手洗いは2階にあります。

会場は1階、お手洗いは2階にある

チケットの時間が16時だったので、その時間にならないと入れないと思っていたんですが、受付を抜けると、上映エリアは好きなタイミングで入ることができました。

映像エリア入口に「いつでもご入場いただけます」の案内がある

中に入って空いている席を見つけて好きな場所に座ります。

途中から見ることになるんですが、そのうち映像が最初から流れるので、好きなだけ見て自分が満足したタイミングで退場できます。

検証口コミ①「入れ替え制ではない」は本当?

    • 完全入れ替え制ではなく、好きなタイミングで退場できた
    • チケットは時間指定制だけど、指定時間より前に入場できた

検証口コミ②「解説はない」というのは本当?

2.イマーシブミュージアムは、途中に解説がなくても楽しめるのは本当?

約30分の映像が流れる

イマーシブミュージアムの構成は、30分程の映像を座って見た後、最後に5分程のフォトタイムになっています。

撮影タイムでは自由に好きな場所に移動して撮影ができます

受付でもらうパンフレットにscene01~scene08までの大まかな構成が載っています。

パンフレット

イマーシブミュージアムの流れ

  • scene01 印象・日の出
  • scene02 印象派展
  • scene03 印象派の技法
  • scene04 印象派の画家たち
  • scene05 絵画の中へ
  • scene06 モネの連作
  • scene07 睡蓮
  • scene08 印象派

説明を読みながら映像を見る余裕はないので、後から読んでコンセプトがなんとなくわかりました。

私は絵画を見た瞬間に誰の絵かすぐにわかる程詳しくはないので、もう少し解説が欲しかったかな、という感じでした。

それでも迫力のスクリーンと音楽は圧倒されたので印象派に詳しくなくても楽しめました。

検証口コミ②解説はないというのは本当?
  • 映像の途中での解説はなかった
  • 印象派の知識がなくても楽しめた

検証口コミ③「印象派」以外の作品はある?

3.印象派以外の作品はあるのでしょうか?

イマーシブミュージアムは印象派と呼ばれるきっかけになったモネの「印象・日の出」から始まります。

内容は「印象派」の作品を映像で動かしたり、実際にそこにいるかのような体験をするものでした。

日の出

目の前の風景の光や色をどのように絵画に表現していったのか、モネの主観を追体験する構成から始まります。

一番前で寝転がって見ると結構迫力があります。

スクリーンと床に絵画が映し出される

床に映る映像も動くので壁と床が繋がってるような、そこにいるような感覚がします。

一番前で見ると目の前に巨大スクリーンがあり、他の人が視界に入らないので没入感が感じやすいかと思います。

印象派の作品が次々映し出される

30分程、風景や人物などの名画が音楽と共に迫力の映像で映し出されていき、最後に印象派の中心になった画家が肖像画と共に紹介されます。

かミール・ピサロ、ベルト・モリゾ、アルフレッド・シスレー、オーギュスト・ルノワール

クロード・モネ、ギュスターヴ・カイユボット、メアリー・スティーヴンソン・カサット、エドガー・モネなど。

この後最後に撮影タイムがあり、自由に好きな場所で写真撮影を楽しめます。

検証口コミ③「印象派」以外の作品はある?
  • 内容は「印象派」の作品と印象派の中心になった画家たちが紹介された

検証口コミ④「写真や動画が自由に撮れる」のは本当?

4.写真や動画はどこまで自由に撮れる?

SNSに実際に行った画像をあげている人は多いですが、どこまで撮影可能かどうかを実際に行って確認してきました。

全てのエリアで写真・動画撮影が可能

イマーシブミュージアムは会場内、全ての場所で写真、動画撮影可能になっていました。

フラッシュはNGです。

皆さん気になったタイミングで動画や写真を撮影している人が多かったです。

映像を見ながら撮影もできるし、最後に撮影タイムがあるのでそこで立ち上がって写真を撮りたい場所で撮ることもできます。

映像は360度映し出されるので正面と左右、後ろで映像が違います。

後ろの方の人は立ち上がって撮影している人もいました。

「絵画の中へ」というセクションで絵画へ迫っていくシーンが何度かあるんですが、個人的にはこのこれが一番没入感覚を感じました。

絵の中に入っていくような感覚がして、自分も絵の中で揺れているかのような体験ができます。

30分の映像の後に5分のフォトタイムがある

最後のフォトタイムでは好きな名画の前で撮影できます。

 

モネの代表作「睡蓮」は特に美しくて人気スポットでした
検証口コミ④写真や動画はどこまで自由に撮れる?
  • イマーシブミュージアム大阪は会場内、全ての場所で写真、動画撮影が可能
    (フラッシュはNG)

検証口コミ⑤「座る場所によって没入感が違う」は本当?

5.座る場所によって没入感が違う?

上映エリアに入ると好きな場所を選んで座ることができます。

今回は最前列と最後列で2回見てみました。

左側後方から見た所

小さいクッションや椅子はたくさんあり、大きなクッションが空いていれば寝転がってみる事も出来ます。

1回目は一番前で寝転がりながら見て、2回目は一番後ろで見てみましたが、

没入感はやはり1番前で見た時の方がありました。

すぐ目の前に大きなスクリーンがあり、他の人が視界に入らず見えないので、映像が迫ってくる感じがあります。

イマーシブミュージアムの写真

最前列は没入感が高い

ただ、一番前のデメリットは360度スクリーンがあるなかで、近すぎて自分のすぐ前の映像しか見えないことでしょうか。

2回目、一番後ろで見た場合はスクリーンが広範囲で視界に入るので全体を楽しめました。

ただ、一番後ろで見ると、他の人や他の人のカメラの光などが視界に入るので没入感は薄れます。

1番後ろだと立ち上がって360度見渡しながら見れたりするので最前列とは違う楽しみ方ができるのでそれはそれで良かったです。

今回ちょっと残念に思ったのは天井との境目でしょうか。

1番前で見た時はあまり気にならなかったんですが、後ろの方で見るとスクリーンが横長なので、壁の高さが低く見えて、天井の黒い部分がなんだか目立つんですよね。

天井との境目が目立つのが気になる

床にも映像が映し出されてとても奇麗なので、どうせなら天井部分も映像があったら良かったのにな…と思いました。(言うのは簡単ですが…)

後方が没入感を感じにくい理由はこういう部分もあるかなと感じました。

検証口コミ⑤座る場所によって没入感は違う?
  • 座る場所によって没入感は違った
  • 没入感をしっかり感じたいなら最前列がおすすめ
  • 全体を楽しみたいなら後方へ
  • 座る場所を変えて2回見るのもおすすめ

検証口コミ⑥「床に座るのはしんどい」は本当?

6.床に座って鑑賞するのはしんどい?

座って鑑賞するのがしんどいという口コミがチラホラありましたね。

イマーシブミュージアムは床にクッションが所々置かれており、会場内に入ると空いている場所を見つけて自由に座れます。

イマーシブミュージアムクッション

座る場所によって寝転んで見れる

今回は幸い、最前列の大きいクッション(Yogibo)が空いていたので寝転んでみることができました。

ただこのヨギボークッション、数に限りがあるので多くの人は小さな丸いクッションに座って見ることになります。

どちらも使用しましたが、お尻が痛いとかはありませんでした。

混雑すると地べたに直接座るか立ち見の可能性があるので、そうなると床に座るのは硬くてしんどいかもしれません

上記右側の写真に写っている腰掛けるタイプの四角い椅子が所々あるんですが、「優先座席」となっていたので空いていたけど座りづらい雰囲気がありました。

検証口コミ⑥「床に座るのはしんどい」は本当?
  • 会場内のクッションに座って鑑賞するのでしんどくはなかった
  • 混雑時は床に直接座る可能性も

検証口コミ⑦「所要時間が短い」というのは本当?

7.所要時間が短いというのは本当?

イマーシブミュージアムがあっという間に終わってしまったという口コミがありました。

イマーシブミュージアムは入れ替え制ではないのでの所要時間は人それぞれになるかと思います。

モネの睡蓮

映像鑑賞30分、写真撮影タイム5分、グッズ10分、飲み物を飲む5分、お手洗い5分

このスケジュールだと55分程でしょうか。

ただ、入れ替え制ではなく、映像は2回程続けて見ている人たちも多かったので、もう一度最初から見る場合は35分プラスして約90位になります。

イマーシブミュージアム大阪の所要時間は55分~90分くらい

上記の時間は平日の待ち時間や混雑がない場合なので、混雑時はもう少し時間がかかるかと思います。

個人的にも30分の映像はあっという間に終わった感じです。

それだけ集中していたのだと思いますが、少し物足りなかったので、今回はせっかく来たしもう一度観ました。

1回目と2回目を違う場所から見たので2回とも違う印象に見えて面白かったです

会場内は一方通行になっているので映像エリアを退場すると再入場ができないようになっています。

検証口コミ⑦所要時間が短いというのは本当?
  • 所要時間は短くても1時間くらい
  • 映像を2回鑑賞すると90分程かかる

検証口コミ⑧グッズショップ平日の混雑はある?

8.グッズショップ平日の混雑はある?

イマーシブミュージアムは平日の16時以降が比較的すいていておすすめと公式で案内があります。

映像エリアは平日16時頃、クッションが8割程埋まるくらいの人でしたが、グッズ売り場はどうでしょうか。

最後にグッズショップがあります。

グッズショップ

映像が終わって写真撮影タイムがあり退場するタイミングは人それぞれなのでグッズ売り場は人がいなくて見やすかったです。

イマーシブミュージアムのグッズの一部を紹介します。

イマーシブミュージアム大阪会場グッズ

グッズ 商品名 価格(税込み)
ポーチ写真 ポーチ 1,980円
クリアファイル写真 ダブルポケットクリアファイル 550円
ミニタオル写真 ミニタオル 1,045円
ノート写真 ノート 440円
ポストカード写真 ポストカード(5枚) 880円
マグカップ写真 マグカップ 1,430円
ラバーコースター写真 ラバーコースター 880円
コンパクトミラー写真 コンパクトミラー 660円
マグネット写真 マグネット 660円
ミニアートパネルコレクション写真 ミニアートパネル 880円
琥珀糖写真 琥珀糖 1,180円
トートバック写真 トートバッグ

グッズは会場でしか購入できないようですね。

グッズの種類は少なめだったのでお買い物は5分~10分程度見ておけばいいかと思います。

検証口コミ⑧グッズショップ平日の混雑はある?
  • 平日の夕方は混雑は全くなかった

検証口コミ⑨「大阪会場限定没入ドリンク」はリラックスできる?

9.大阪会場限定没入ドリンクは本当にリラックスできる?

イマーシブミュージアム大阪は最後にドリンクの販売があります。

大阪会場限定没入ドリンクは3種類あります。

大阪会場ドリンクメニュー

ドリンクはオール500円でした。

大阪会場限定ドリンクのミックスジュースと、ハーブティーorハーブティーソーダがあります。

イマーシブミュージアム大阪カフェメニューAll500円
  • フルーツミックスジュース
  • 抹茶ミックスジュース
  • いちごミックスジュース
  • アップルハーブ
  • バタフライピーレモン
  • マヌカハニージンジャー
  • アサイーラズベリー

今回は大阪会場限定「没入」ドリンク、CBDオイル入りフルーツミックスジュースを注文してみましました。

CBDオイルもミックスジュースも好きなので頼んでみました。

CBDオイル入りフルーツミックスジュース

CBDが入っている飲み物って珍しいですよね。

イスはないんですがテーブルがありそこで飲めます。

飲んだ感じは、薄めのミックスジュースという感じでした。

CBDの味はちょっとわからず…

CBDオイルは匂いでわかるかなと思ったんですが、香りもわからなかったのでどのくらい入ってるのかが気になる所でした。

もうちょっとミックスジュースの味が濃かったらよかったかな…
イマーシブミュージアム自体でリラックスしたので没入ドリンクでさらにリラックスできたかというと…?
個人的にはCBDオイルがどのくらい入っているのかが気になり逆に現実に引き戻されましたが、多分リラックスできる人もいるのではないかと思います。

ミックスジュースに厳しい大阪人ですみません…

検証口コミ⑨「大阪会場限定没入ドリンク」はリラックスできる?
  • 個人的にはリラックス感を感じなかったがリラックスできる人も多分いる

イマーシブミュージアム大阪へのアクセスとチケット購入時の注意点

イマーシブミュージアム大阪会場の堂島リバーフォーラムへのアクセスを紹介します。

堂島リバーフォーラム

イマーシブミュージアム大阪(Immersive Museum OSAKA)
日程 2023年6月17日(土)~9月6日(水)
時間 【平日】10:00~20:00(19:00最終入場) 【土日祝】10:00~20:00(19:00最終入場)
会場 堂島リバーフォーラム 大阪市福島区福島1-1-17

  • 京阪中之島線「中之島」、JR大阪環状線「福島」、JR東西線「新福島」、阪神本線「福島」 各駅から徒歩 約5分
  • JR「大阪駅」から徒歩15分

 

  • イマーシブミュージアム当日券について

イマーシブミュージアム大阪会場の当日券の有無についてはTwitterの公式アカウントで毎日アナウンスがあります。

16時以降がおすすめと公式Twitterでアナウンスがありますが、私が平日の金曜日16時に行った時は16時より17時の方が人が増えていたので日によっても多少違うかと思います。

また、「入場は前売り券購入の方が優先」と記載がありますが、平日は当日券の購入者の列もなかったので実際に行った時は特に関係なかったです。

日時指定チケットの事前購入については前日までの購入になるので注意が必要です。

私は前日の23時57分頃からチケットを購入しようとして購入確定ボタンを押す段階で日付が当日になってしまった為、一度購入に失敗しました。

チケットは事前に購入しておく方が安心ですが、キャンセルできないのでお気をつけください。

イマーシブミュージアムに実際に行ってみた正直な感想

イマーシブミュージアム大阪に実際に行ってみた感想

印象派の作品達、映像と音楽で迫力があった

イマーシブミュージアムに行ってみてスクリーンと床に映し出される映像が美しかったのが印象的でした!

広いスクリーンと音の効果で迫力があり、座る場所によっては美しい映像を寝ながら見れるので癒し効果があります。

絵画の中へ入っていくシーンは実際に自分も揺れている感覚がしたので没入感も一部感じることができたかなと。

個人的には天井にも映像があればもっと没入感が増すのではないかと思いました

他の人の感想や評判を見ていると、混雑しすぎて集中できなかった、というのがありましたが、確かに他の人が視界に入ると没入感は薄れると思いました。

その時の混雑具合はどうしようもないので、空いてる時間を狙っていくか、他の方の感想であったように自分で精神統一して映像に集中する努力は必要かな、と。

また、没入感を深く感じたい場合は他の人が視界に入りにくい一番前の席で見るのがいいかと思います。

チケットの価格については、2500円というのは正直高いかなと思いました。

映画でも2時間で1800円と思うと、解説などは特になく30分程の映像なので、個人的には1600円位だったらよかったかな、という感じでした。

正直な感想としてはこの価格だったらもう少しボリュームやコンテンツが充実してもよかったかな、と。

ただ、没入系のイベントは今回初めて見たので新鮮だったし、楽しめたので行ってみてよかったです。

気になる人は一度体験してみるといいかと思います。

2023年12月から同じ会場(堂島リバーフォーラム)で「ディズニーイマーシブ展」が開催予定で、ディズニーの没入体験も気になっているのでそちらも楽しみです。

→ディズニーイマーシブ展に行った人の口コミの信ぴょう性は?実際に行った人の感想から分かったこと5選

コメント

テキストのコピーはできません。